(1) CLASSPATH変数

CLASSPATH変数に登録された最初の .; は、カレントディレクトリへのクラスパスを表す。

これがない場合、CLASS ファイルを保存したディレクトリをCLASSPATHに登録しなければならない。

CLASSPATHが通っていないと”java.lang.NoClassDefFoundError”が出る。

※注  アプレットは、ブラウザが呼び出すため例外である。)

 


(2) jarファイルの作成

jarファイルとは、Javaプログラムに必要な複数のファイルを1つのファイルにまとめたもの。

コマンドラインで、

 jar cvfm jarファイル名.jar マニフェストファイル名.MF *.class *.gif 

と入力する。

 cvfm − オプション指定

c: アーカイブを新規作成   v: 標準出力に詳細な出力を表示

f: アーカイブ名を指定する  m: 指定のマニフェストファイルからマニフェスト情報を取り込む

 jarファイル名.jar − 作成するjarファイル名

 マニフェストファイル名.MF − jarファイルに使用するマニフェストファイル

 *.class *.gif − このjarファイルに含めたいファイル

マニフェストファイルには、

 Manifest−Version: 1.0

 Main−Class: mainクラスを持つクラス名 (拡張子は付けない) 

の2行が書いてあれば良い。

 

パッケージを使っている場合

例えば、testパッケージにjarファイルに含めたいclassファイルがあるのなら、

マニフェストファイルのmainクラスの指定を

Main−Class: test.クラス名にして親ディレクトリに移動して、

jar cvfm jarファイル名.jar マニフェストファイル名.MF test\\*.class *.gif

とする。

※注 マニフェストファイルを親ディレクトリに作成した場合。)

 


(3) paint(Graphics g)メソッド (自信がね〜〜)

paint()メソッドが呼び出されるのは、

 1. コンポーネントが最初に表示されるとき。

 2. コンポーネントの内容を再描画する必要があるとき。

 3. repaint()メソッドが呼び出されたとき。

  2.より、アニメーションGIFで作ったImageオブジェクトを使用すると、paint(Graphics g)メソッドが常に呼び出されている。 

  (参考)スライドパズルを作る

 


(4)アプレットのライフサイクル

    待っちクリ


top

8832